餘部鉄橋

1909年12月に着工 1912年、3月開通した。長さ310.5メートル、高さ41.45メートル、総工費331,535円
11基の橋脚、23連の鉄桁を持つレッスル橋である。国道178号線がこの橋りょうの下を走っている。
潮風が吹きつける橋脚には防錆処理をするため、数年おきに橋脚部にネットを張り塗り替えが行われていた
独特な構造と鮮やかな朱色、また付近の情景とも相まって、鉄道ファン、観光客に人気がある
最寄り駅である餘部駅の裏山に展望台が設けられており、絶好の撮影ポイントとなっているが、
橋りょう掛け替え工事に伴って現在一時閉鎖されている。

昭和61(1986)年12月28日餘部鉄橋から、回送中のお座敷列車「みやび」の客車7両が折からの突風にあおられ、鉄橋より転落。真下にあったカニ缶詰加工工場を直撃し、工場で働いていた主婦ら5人と最後尾にいた列車車掌の計6人が死亡する事故があった










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 2008年4月 工事中
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2009年10月5日現在 工事状況