伊豆急8000系 トラン・バガテル

トラン・バガテル」(フランス語で“小さくて愛らしい電車”)は、フランス式ローズガーデン「河津バガテル公園」のPRを目的に、平成13年11月、200系車両の車体をバラ等の図柄でラッピングし運行を開始
車両の老朽化により、200系「トラン・バガテル」が平成19年3月に営業運転を終了
新たに8000系車両を2代目「トラン・バガテル」としてデザインし、運行を開始された
2代目「トラン・バガテル」は、「河津バガテル公園」のバラをメインに、ナポレオン、凱旋門、エッフェル塔、サクレ・クール寺院などフランスをイメージしたデザインに加え、河津町を代表する河津桜や花菖蒲などのデザインが施されています