681・683系   特急 はくたか

北越急行ほくほく線経由で福井・金沢・和倉温泉〜越後湯沢を結ぶ特急。
列車名の由来は立山開山伝に登場する白い鷹  国内在来線における最高速度の列車

681・683系は在来線最速の160km/h運転が可能であり、当初は長大トンネルでの高速運転に対応して気密性や戸閉め装置の強化が図られている編成の限定運用となっていた。