E127系

            

新潟支社管内の信越・白新・越後線 普通列車は165系急行電車を転用していたが車両の老朽化や2扉のデッキ付きの構造であるために乗降に時間が掛かり、ラッシュ時には列車遅延の原因となっていた、これらの取り替えを目的に設計・製造された
通勤タイプの電車。登場は1995年。車体の構造は209系と同じだが、扉は片側に3つ2両編成から運転が可能で、必要により4、6両編成で運転している