209系電車

1993年デビューした直流通勤型電車           
試作営業車の901系の開発をして量産車として投入された。
車体・台車・主回路システムなど車両の根本から様々な見直しが行われ、
JR東日本の通勤・近郊形電車の礎となった車両である。