マヤ検

1959年から1981年間製造された軌道検測用の事業用客車
線路に敷かれているレールは 電車が何度も上を通過しているうちに狂いが生じてくる。1950年代までは軌道の
狂いの検測はもっぱら保線作業員による作業であったが、列車の本数増加と高速化が進んだことから、
列車として通常の速度で走行しながら軌道の検測を行う車両の研究が進められ、1959年に本形式が開発された。