シ  キ   大物車

            

一般の貨物列車との併結不可など、構造上の理由から運用に制限の多い大物車の運用効率を向上するため、
特に走行性能の向上に留意して開発された車両である 昭和50年から54年間に3輌 日本通運私有貨車として
製造されたが JR移行後全車がJR貨物の所有に移行し、使用されている。

 1000形貨車