DF200

電化区間の少ない 北海道では貨物輸送は DD51ディーゼル機関車を主力としてきた 
輸送量や高速化に対応のため重連の運用を要した この重連運転の解消と老朽車両の
置換えを目的として 1992年に開発されたのが DF200 形である 現在33台(H19) 稼働中
ECO-POWER RED BEAR " (エコパワーレッドベア) の愛称がつけられている


 
 
 
 
 
 
 

 甲種輸送  (兵庫県 川重から 北海道 函館 五稜郭に輸送されました)