国鉄色旋回窓・スノウプラウ付きのDD51 東新潟機関区所属 吹田区へ貸出
 
 
 
 
 
 
 



      

            

DD51      デーゼル機関車      本線用   88台稼働中

本線の蒸気機関車を廃し「無煙化」を推進するため、1962年から1978年までの16年間に649両が製造された。
電気式DF50形に代わる、本格的な本線用主力機として開発されたもので、速度面では旅客列車用
大型蒸気機関車C51形に、牽引力では貨物列車用大型蒸気機関車D51形を上回る性能を持つように
設計されている